一番お得に購入出来るのはインナーブラン公式ページ

定期購入にすればいつでも解約可能!しかも送料はずっと無料。詳細情報は下記リンクからどうぞ!

インナーブランのお得な通販情報はコチラ!

デリケートゾーンが臭いって何かの病気のサインなの?教えて! 

デリケートゾーンが臭うのは何かの病気かもしれない・・・そんな風に考えてしまう場合だってありますよね。

私も最初はネットで色々と調べた事がありました。実際に婦人病と言われるいくつかの病気の中には、ニオイがするような病気もあります。

今回はデリケートゾーンが臭う場合にはどんな病気の可能性があるかをお伝えしていきます。

デリケートゾーンが臭い場合は病気の可能性も否定は出来ない!

デリケートゾーンから臭いがする場合、婦人科系の病気も考えられます。

例えば、オリモノが急に増えた、急にニオイが気になるようになった、そんな症状が現れたら、まずはどんなニオイなのか?

オリモノの色や量などを調べてみる事が大切です。病気の可能性として考えられるのは性感症や子宮ガンなどです。

デリケートゾーンの臭いがきついと感じたら、まずは近くの婦人科の診察を受けてみる事をおススメします。

デリケートゾーンから悪臭がする場合の対処について

一般的に排卵日が近づいてきた、オリモノの分泌量が多くなるとデリケートゾーンから発するニオイはきつくなります。

今までと同じくらいの臭いの程度であれば、それほどきにする必要はありませんが、今まで感じたニオイよりも悪臭に感じるような場合は病気の可能性は否定は出来ません。

デリケートゾーンが悪臭と感じた場合、以下のような病気の可能性があります。

  • 子宮頸がん
    子宮内膜炎
    淋病
    細菌性膣炎
    トリコモナス膣炎

上記五つの病気に共通する事はきついニオイと黄色や緑色のオリモノです。もし、あなたの症状がこれらの症状ならばなるべく早く婦人科に診察に行って下さい。

多くの女性がなりやすいカンジタ膣炎

次にカンジタ膣炎についてお伝えしていきます。

カンジタ膣炎の特徴は、チーズのような酸っぱいニオイと黄色く白っぽいオリモノです。もし、あなたの症状がこれに近い場合は、カンジタ膣炎の可能性があります。

洗うと痛みがあったり、かゆみがひどくなったりします。カンジタ膣炎は早い段階で気が付く人が多いので婦人科で適切な治療を受ける事で早期の完治が見込めます。

ただ、一度カンジタ膣炎になると、繰り返し症状が出る場合もありますので、日々のケアが大切になります。

ケア方法で最も大切な事はデリケートゾーンを清潔に保つことです。

デリケートゾーンの正しい洗い方はこちら

まとめ

いかがですか?

デリケートゾーンはその名称の通り、とってもデリケートな部分であり、いつも清潔にしておく必要があります。

少しでもいつもと違うと感じたら、早い段階で婦人科で治療を受けるようにしてください。

早期に治療を受ける事で、早く完治させる事が出来る症状もあります。恥ずかしい気持ちも分かりますが、それよりも早く治療を受ける事を優先して欲しいと思います。

インナーブランの各種通販情報~一番安く買うなら公式ページがお得!
タイトルとURLをコピーしました